メインイメージ

歯牙酸蝕症

最近とても気になっている事があります。
TVコマーシャルで盛んに
「お酢」を飲む宣伝をしている事です。確かにお酢に含まれているクエン酸、りんご酸、酢酸は体にとても良いのです。しかし歯にとってはいかがなものでしょうか?
むし歯はミュータンス菌の出す
“酸”によって歯が脱灰されて実質欠損が生じた状態を言いますが、他の酸性物質による歯の脱灰“酸蝕症”といいます。
永久歯のエナメル質はPH5.5から5.7・乳歯、象牙質はPH5.7から6.2で溶け出します。
日常生活でよくお目にかかる下記の食品はどの程度のPH値を示すでしょうか?

ポカリ○○○ト・・・PH3.5
Hi-C○○ンジ・・・PH3.2
フレッシュオレンジジュース・・・PH3.7
コ○コーラ・・PH2.5
キリ○○モン・・・PH3.5
ワイン・・・PH2.8からPH3.8
黒酢○○社・・5倍希釈PH3.3  10倍希釈PH3.8
バルサミコ酢○○社・・5倍希釈PH3.0   10倍希釈PH3.2
クエン酸  水50ml・クエン酸1g・・PH2.8   水1000ml・クエン酸0.1g・・PH5.1

日常生活で使用する調味料としてのお酢は問題ないでしょう。相当希釈されているし、食事中に分泌される唾液によって中和されているはずです。しかし寝る前にお酢や上記飲食物の摂取は気をつけなければなりません。就寝中は唾液の分泌が少なくなりますので酸によって脱灰されると朝まで再石灰化が期待できないからです。
特に子供たちに寝る前ジュースなど与えて歯ブラシせずに寝かしてしまう事は最悪です。低PH飲料の酸蝕と糖分摂取によるミュータンス菌の増殖(むし歯)の脱灰ダブルパンチです。
たやすく手に入る飲食物・薬品で一番気をつけていただきたいのはクエン酸です。TVでボクサーが体調維持にクエン酸をがぶがぶ飲んでいるシーンを見ました。トレーニングの疲労回復にはgoodですが、彼は歯を失い手痛い思いをすることでしょう。私の歯科医院でもクエン酸で美しい前歯を失った方が居ます。とても健康に気を使ってクエン酸を飲んでいたのに・・残念です。せめて重層で中和していただきたかったのですが。
エナメル質が解けてしまった歯の写真です。

photo1

Er01_2

◎歯牙酸蝕症について(参照・・窪田先生のホームページ)私の歯科医師会における発表をわかりやすくまとめていただきましたのでご覧下さい。

◎商業誌への投稿(ザ・クインテッセンス2003年5月号P180に掲載)「クエン酸による歯牙酸蝕症」

△TOP

歯周炎の治療

歯周炎の治療は患者さんの努力と医院側の実力がうまく咬み合わないと期待する結果が出ません。
患者さんには
プラークコントロールの徹底通院の努力を惜しまないことそして生活習慣の見直しが必要です。
医院側としては歯周ポケット内のプラークコントロールを行うための歯科衛生士の歯石除去能力や、患者さん指導のための知識、熱意が必要とされます。もちろん歯科医師が診断力や手術の技術を要求されるのは言うまでもありません。
この様なバランスが調和したときに治療効果が現れます。
以下歯周炎の主な治療内容をご紹介いたします。
 ○ プラークコントロールの確立・・歯肉の上に出た歯の部位から出来るだけ歯 垢を取り除きます。これは患者さんの役目です。歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシ等を用います。
 ○ 生活習慣の見直し・・
喫煙は最大のリスクファクターなので禁煙をお勧めしています。喫煙により歯肉が硬く変化し治療効果があがりません。
 ○ 歯周ポケット内のクリーニング・・歯科衛生士が歯石を取ったりPMTCを行ったりしてポケット内部のプラークコントロールを行います。
 ○ 咬み合わせの調整・・過剰な力が特定の歯に加わると進行します。スムースな噛み合わせになるように歯や修復物を削合して調整します。
 ○ 歯周外科・・歯石除去やPMTCを全体に行った後、歯周ポケットが変化した状態を評価し、必要に応じて外科処置を行います。組織再生誘導法(GTR)やエムドゲイン(商品名)といった薬剤を用いることがあります。
 ○ 抜歯・・治療の一環として必要があれば歯を抜きます。
 ○ 矯正・・歯並びは重要な要素です。清掃性を悪くしたり咬み合わせを悪くしたりするので矯正医の力をお借りしながら行うことがあります。部分的な矯正により失った歯槽骨の回復を促すこともあります。
 ○ 神経除去(抜髄)・・やむを得ず歯の神経部位(歯髄)を取ることがあります。
上記の治療が終了し歯肉の状況が安定してからブリッジとかクラウンを製作します。
 ◎
メインテナンス(定期健診と簡単な治療と調整)
治療終了時が一番良好な状態です。これを維持するために患者さんの生活習慣とかブラッシングの状態、歯周ポケットの深さなど総合的に判断しメインテナンスの期間を決定します。中等度以上の歯周炎治療を行った方はメインテナンスフリーでは到底良好な状態を維持することは困難です。
3,4年メインテナンスせずに再来院した時には何本も歯を抜かなければならなくなっている患者さんを何人も見てきました。
治療よりこのメインテナンスが飛び切り重要であると強く申しておきましょう。

△TOP